医療レーザー脱毛はどのようなものか

医療レーザー脱毛はどのようなものか

脱毛は様々な選択肢を選ぶことが出来るようになりました。カミソリで剃る、除毛クリームを使うなどのホームケアはもちろん、脱毛をするために美容形成外科へ行く方もいらっしゃるでしょう。

 

今回は美容形成外科での医療レーザー脱毛についてご紹介します。

 

医療レーザー脱毛は、美容形成外科などの医療機関で受けられる脱毛方法です。美容形成外科では、脱毛エステサロンとは違い、医療用レーザー脱毛の機会を扱う資格を持っている医者が常駐しています。医療用レーザー脱毛を扱うには、それだけ高度な技術が必要だということです。

 

医療用レーザー脱毛の仕組みは、黒い毛根にレーザーが反応して照射し、毛根を破壊するというものです。レーザーで破壊するときに冷風を当てて肌を冷やし、レーザーの熱から皮膚を護ります。黒い毛根部分に反応するため、日焼けをした肌には使用出来ませんので、日焼けには十分気を付けてください。

 

医療用レーザー脱毛で心配なのは痛みです。強いレーザーを当てるため、施術には痛みを伴います。人によって痛みの具合は異なりますが、一般的には輪ゴムで肌を弾くくらいの痛みです。

 

施術後は肌が乾燥しやすくなっていますので、クリームなどで保湿する必要があります。また、施術当日は激しい運動や湯船に入ることは現金です。